bg
お問い合わせはこちら

Vol.022018.11.09

軽井沢と川奈で楽しむリゾートゴルフの魅力〜プリンス バケーション クラブ入会特典のご紹介〜

皆さま、こんにちは。プリンス バケーション クラブ マガジン編集部です。
秋といえば食欲、読書、芸術 、スポーツ…etc、
今回は、この秋のシーズンにもおすすめの軽井沢と伊豆で楽しむリゾートゴルフの魅力とともにプリンス バケーション クラブについてご紹介いたします。

目次
1― 軽井沢ゴルフの歴史文化
2― 軽井沢ゴルフの醍醐味
3― 歴史と伝統あるもうひとつのゴルフリゾート・川奈
4― プリンス バケーション クラブ会員さまならではのお得な特典!

軽井沢ゴルフの歴史文化

高台から軽井沢を見下ろすと、いたるところにゴルフ場のグリーンが広がっています。軽井沢は日本でゴルフが最も盛んな場所のひとつ。軽井沢のゴルフ文化はおよそ100年の歴史があります。まず、この深い歴史と軽井沢ゴルフの醍醐味をご紹介いたします。

豊かな自然の中にグリーンが広がる

―ゴルフ発祥の地・イギリスと軽井沢の深いつながり

軽井沢は明治19年に英国国教会の宣教師A.C.ショーによって避暑地として見出されました。その後、英国公使館別荘が旧軽井沢に建ったことから、特にイギリス人が多く、英国発祥のスポーツであるゴルフを楽しんでいました。
軽井沢に初めてゴルフ場が誕生したのは1919年。当時、避暑地としてステータスを求めた一人の実業家が9ホールのコースを作りました。ここでは日本の歴史に名を残す政財界の重鎮らが外国人らと肩を並べてプレーに興じていました。
それから約100年、軽井沢のゴルフは何度も注目を浴びてきました。例えば1930年代、当時のアメリカ大使はハリウッドスターと軽井沢のゴルフを楽しみました。
また1950〜70年にかけては、軽井沢に別荘を持つ作家たちが仲間や編集者たちとゴルフで交流を深めました。
名だたる文士が集うことから「文壇ゴルフ」と呼ばれていました。そして歴代の首相が政治仲間とゴルフ会談をする様子は何度もニュースで取り上げられています。

左)軽井沢の別荘地(image photo)
右)アレクサンダー・クロフト・ショー

軽井沢ゴルフの醍醐味

―雄大な浅間山と自然を満喫

軽井沢でプレーする醍醐味は何といっても自然。春の芽吹きや夏の深緑、鮮やかな紅葉など、四季折々の豊かな自然が広がっています。
そんな自然を感じてラウンドできるのも軽井沢ならでは。地形に恵まれ、変化に富んだコースが多いため、ゴルファーに人気があります。
プリンス バケーション クラブの近くにもゴルフ場が多数あります。おすすめは「軽井沢72ゴルフ」と「軽井沢浅間ゴルフコース」。その魅力を軽井沢72ゴルフの松本健輔支配人に聞いてみましょう。
「ビギナーからプロまで幅広いゴルファーにご利用いただける軽井沢72ゴルフと、2サム専用の軽井沢浅間ゴルフコースは滞在型ゴルファーや日帰りゴルファーに対応できるのが魅力です。
夏の軽井沢は都心と比べて約5℃の気温差があるので、爽やかな風の中、快適にプレーできます。軽井沢の自然を感じながら、スタイルに合わせてコースをお選び頂き、楽しんでください」

浅間山に向かって打つショットは開放感抜群。日頃の疲れや仕事のストレスから逃れて、癒しのひと時を味わえることでしょう。

左)浅間山を臨む軽井沢72ゴルフ
右)軽井沢72ゴルフでは毎年女子プロトーナメント大会が開かれている

左)軽井沢浅間ゴルフコース
右)軽井沢72ゴルフの支配人・松本健輔

―ゴルフ+αでリゾートタイムを満喫

ゴルフ以外の時間を充実して過ごせるのも軽井沢ならでは。朝食ブームに沸く軽井沢には朝食専門カフェも多いので、ゴルフの前に優雅にブレックファストを味わってみてはいかがでしょうか。
プレー後も軽井沢なら楽しみ方も色々。アウトレットでショッピングをしたり、コンサートに行ったり、美食家の多い街らしくレストランでシェフの腕に舌鼓…というグルメな時間もおすすめ。 プリンス バケーション クラブはアウトレットやプリンスホテルにも近いので、引き続き軽井沢72ゴルフの松本支配人に楽しみ方を教えて頂きました。
「軽井沢・プリンスショッピングプラザは有名ブランドからゴルフアイテムなど約240店舗の多彩なショップが揃っています。グルメでいえば、ザ・プリンス 軽井沢のフランス料理をはじめ、軽井沢プリンスホテルの日本料理、西洋料理、中国料理、軽井沢 浅間プリンスホテルのイタリアンなどバリエーション豊かで多彩なメニューをご用意しています。ホテルならではの非日常感をお楽しみください」
プレー前後の時間には、様々なアクティビティで充実のひと時を過ごせそうですね。

左)人気スポットの軽井沢・プリンスショッピングプラザ
右)グルメも充実

歴史と伝統あるもうひとつのゴルフリゾート・川奈

軽井沢に続いて、伊豆のゴルフリゾートをご紹介いたします。
「プリンス バケーション クラブ三養荘」の第一期販売が始まり、伊豆でのゴルフについて気になっている方も多いのではないでしょうか。
伊豆長岡の豊かな自然に包まれた三養荘は、旧三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎氏の長男久彌氏の別邸として建設された伝統的な日本家屋で、3,000坪の広大な日本庭園に佇んでいます。
三養荘から至近の「川奈ホテルゴルフコース」は、軽井沢同様に歴史と伝統のあるゴルフ場です。1928年にオープンした「大島コース」は、太平洋の美しい景色が見渡せるシーサイドコース。日本ゴルフの父とも呼ばれた大谷光明氏が設計を手がけ、爽快感あふれる立地で高い人気を誇っています。
また、スコットランドの文化に倣い、「大島コース」の各ホールにはニックネームが付けられています。4番コースはその名も「GOOD-BYE」。ホール左に海が迫り、ティーショットのたびに海へと消えていくボールにちなみ付けられました。7番コースは「大谷殿の笑い」。設計者の大谷光明氏が、たまたま良いティーショットを打ち、にっこり笑ったという意味からその名が付けられました。その他にも「S.O.S.」や「CHAMPS-ELYSEES(シャンゼリゼ)」などユニークなニックネームが付けられてますので、その目で確かめられてはいかがでしょうか?

川奈ホテルゴルフコース 全景CG

川奈ホテルゴルフコース 大島ゴルフコース

「川奈ホテルゴルフコース」にはもう一つ、「富士コース」があります。自然の地形を生かしたコースで、アメリカのゴルフマガジンで世界のベストコース100選に選ばれたほど。女子プロトーナメントの会場としては最も歴史のあるゴルフコースです。専用ドライバーが運転する乗用ゴルフカーで快適にコースを回ることもできます。
歴史と伝統が育んだ「大島コース」は、「プリンス バケーション クラブ 三養荘」の会員になると「友の会」の会員価格でプレーをすることができます。また本来、「川奈ホテル」の宿泊者限定で利用できる「富士コース」が、「プリンス バケーション クラブ 三養荘」の会員さまは日帰りプレーが可能です。
軽井沢と川奈、歴史と伝統あるこの2つのリゾート地で、ゴルフをお楽しみください。

左)大島コース
右)富士コース

取材協力・写真提供(一部)/軽井沢新聞社

プリンス バケーション クラブ会員さまならではのお得な特典!

会員さまは「友の会プラス」の会員価格でゴルフ場をご利用いただけます。
※「友の会プラス」とは、全国のプリンスゴルフリゾートをお得に利用できるサービスです。

< プリンス バケーション クラブ 品川ゲストサロン >

  • 0120-20-1551
  • お問合せ


» プリンス バケーション クラブ TOPへ

プリンス バケーション クラブ マガジン「プリンス バケーション クラブ」の仕組み・楽しみ方がもっとわかるウェブマガジン

  • Vol.05 2019.2.8

    歴史と格式ある純和風旅館
    「プリンス バケーション クラブ 三養荘」

    くつろげる癒しの宿として連泊やリピートされるお客さまが多い理由や客室の紹介など、三養荘の笹尾雅洋支配人に詳しくお聞きしました。

    詳細を見る
  • Vol.04 2019.1.17

    世田谷区在住・ヴィラ購入Aご夫妻の会員特典活用ダイアリー

    プリンス バケーション クラブ会員特典の「宿泊利用券」について、世田谷区在住のAご夫妻の利用シーンをご紹介いたします。

    詳細を見る
  • Vol.03 2018.11.29

    駅前ゲレンデでスノーリゾートを満喫

    今年45周年を迎える歴史あるスキー場で、とっておきのウィンターリゾートをお過ごしてみませんか。

    詳細を見る
  • Vol.02 2018.11.9

    軽井沢と川奈で楽しむリゾートゴルフの魅力

    この秋のシーズンにおすすめの軽井沢と伊豆で楽しむリゾートゴルフの魅力とともにプリンス バケーション クラブについてご紹介いたします。

    詳細を見る
  • Vol.01 2018.10.5

    新たなリゾートスタイル
    「プリンス バケーション
    クラブ」

    「プリンス バケーション クラブ」の特徴やさまざまな特典についてご紹介します。

    詳細を見る
プリンスバケーションクラブに関するお問い合わせはこちら。

< プリンス バケーション クラブ 品川ゲストサロン >

  • 0120-20-1551
  • お問合せ