bg
お問い合わせはこちら

Vol.092019.6.28

現地見学会で感じた「プリンス バケーション クラブ ヴィラ軽井沢浅間」の心地よさ

いよいよ7月8日にグランドオープンを迎える、「プリンス バケーション クラブ ヴィラ軽井沢浅間」と「プリンス バケーション クラブ 軽井沢浅間」。プリンス バケーション クラブでは、実際に施設を見ながら担当者に話を聞くことができる現地見学会を随時開催しています。

今回は、現地見学会の案内も担当するプリンスホテルPVC営業部・藤掛華子アシスタントマネジャーの案内で、現地見学会を体験してきました。

目次
1― 現地見学会に行く前に
2― ホテル客室の開放感
3― ヴィラの静けさ
4― 温泉、レストランからも絶景が
5― 通いたくなる魅力

現地見学会に行く前に

現地見学会に参加するにあたり、まず品川プリンスホテルアネックスタワー6階にあるプリンス バケーション クラブ 品川ゲストサロンに伺いました。こちらのゲストサロンはプリンス バケーション クラブに興味のある方なら誰でも、話を聞きに行くことができます(要予約)。

プリンス バケーション クラブ 品川ゲストサロン入口

そもそも現地見学会とはどのようなものなのでしょうか。 「実際に現地でお部屋やヴィラの建物をご覧いただけます。お電話かメールでご予約いただいて、現地に常駐しているスタッフがご案内します」 予約をして現地に行けば案内してもらえるのですね。現地まではどうやって行けばいいのでしょう? 「自家用車でお越しになるか、軽井沢駅からの送迎バスをご利用いただけます。ご予約の際に、電車でとお伝えいただければ送迎バスの時間をご案内します」

模型を見ながらの説明も

ゲストサロンでも、ヴィラ棟の模型などを見ながらの説明や、質問、商談を行っております。東京近郊にお住まいの方はゲストサロンでも現地の雰囲気を感じることはできますが、ぜひこの機会に軽井沢浅間へ足を伸ばしていただき、自然を感じながら現地の雰囲気をご体感ください。

ホテル客室の開放感

さて、現地に到着です。プリンス バケーション クラブ 軽井沢浅間が入る、軽井沢 浅間プリンスホテルに入ってすぐのロビーは暖炉もあり、落ち着いた雰囲気が感じられます。受付はこのロビー奥、お名前を伝えていただけばすぐに見学ツアーが始まります。藤掛さんに案内していただきましょう。

プリンス バケーション クラブ 軽井沢浅間 エントランス

「まずご覧いただくのは、ツインルームです。広さは30平米でエキストラベッドを使えば3名さままでご利用いただけます。浅間山を眼前に望む景色もきれいですし、すべての部屋にバルコニーがついていて、目線の高さに自然の景色が広がっており、開放感を感じていただけると思います」 実際にバルコニーに座ってみると涼やかな風や新緑の匂いを間近に感じます。見学はファミリールームへと続きます。

ツインルームバルコニーからの景色

「ファミリータイプのお部屋は、ツインのベッドルームに2名さま、リビングのソファーベッドに2名さまの合計4名さままでお泊まりいただけます」 ファミリータイプの部屋にもバルコニーがあります。リビングがあり、洗面台も2台あるなどの点はツインルームと異なりますが、どちらの部屋も使い勝手が良さそうです。

ファミリールームのリビング

ヴィラの静けさ

ホテル棟の次にご案内するのはヴィラ棟。ヴィラは全部で15棟あります。今回はホテル棟に一番近いヴィラを見学します。

ホテル棟からヴィラ棟のエリアへは緩やかな坂を登っていきます。坂を少し登って振り返るとホテル棟の向こうに浅間山の雄大な姿が。15棟のヴィラがあるエリアは緑豊かで、その中を歩いているだけで変化する自然の表情を楽しむことができます。

ヴィラは高台にあり晴れていれば浅間山がよく見えます

「軽井沢の中心部からも幹線道路からも少し離れたところにあるので、静かにお過ごしいただけるのが軽井沢浅間の特徴です。静かな環境でのんびり過ごされたい方には最適だと思います」 木々に囲まれていることもあってか、聞こえるのは風が葉を揺らす音と鳥のさえずりだけという瞬間もあるほどに静けさを感じられる空間です。

さて、ヴィラ棟の中に入りました。外壁も玄関扉も木で出来ていて自然に溶け込んでいる印象があります。玄関からリビングに入ってもまず印象的なのは木、内装も全て木で覆われていて、木の香りもほんのりと感じます。リビングの奥にベッドルーム、手前に和室があります。

ヴィラ棟外観

「奥にベッドルームがあり、ここでは2名さままたは3名さまが、和室はお布団で最大3名さままでお休みいただけます。小さなキッチンに冷蔵庫や電子レンジ、調理器具、食器なども一通り揃っているので別荘のようにお使いいただけますが、毎日の清掃等の心配はいりません。ホテルと変わらないサービスを提供させていただいております」 ヴィラにも大きな窓とバルコニーがあり、ホテル棟と同じように開放感がありますが、雪に覆われる冬は寒くないのでしょうか? 「よくご質問いただきますが、床暖房とペレットストーブがあるので、冬でも暖かくお過ごしいただけます」

広々として開放的なリビング

もう一つ驚いたのがお風呂。敷地内に温泉棟もあるのですが、ヴィラのお風呂も広々としている上に、目隠しされた専用のバルコニーもついていて、ゆったりとした時間を過ごせそうです。

お風呂も開放感を感じます

今回は見学していませんが、専用のドッグランがついたヴィラも2棟あり、ペットも含めて家族でゆっくりと過ごすにはヴィラは最適と感じました。お客さまの中には現地を見て、ご契約をホテルからヴィラに変更した方もいたそうです。

ホテル棟から一番遠いヴィラまでは歩くと5分程です。森の香りを感じながらの散策も気持ちいいですし、カートでの送迎をいつでも頼めるので、冬の寒いときや天気がすぐれないときでも移動に不安はありません。さらに、ヴィラの会員になると軽井沢駅との間の個別の送迎も対応いただけるとの事です。

温泉、レストランからも絶景が

ヴィラの次は温泉棟の見学です。

温泉からも絶景が望めます

「露天風呂からは浅間山が一望でき、写真のように水面に景色が映る様はとても素敵です。開放的な景色を眺めながらゆったりくつろいでいただけると思います。」 温泉棟のもう一つの特徴はホテル棟との間のモノレール。ホテル棟から見ると温泉棟は少し上にあるので、歩いていくとそれなりに時間がかかりますが、モノレールがあれば簡単に、しかも冬は外気の寒さを気にせず行くことができるそうです。

ホテル棟と温泉棟をつなぐモノレール

温泉棟の次はレストランへ。何よりも印象的なのは大きな窓とその向こうに見える浅間山、ホテルの中でも一番のビュースポットかもしれません。

レストランから望む浅間山

「眼の前がゴルフコース、その向こうに浅間山が見えます。雨上がりに徐々に浅間山が顔を出すときなどは本当にきれいですね。レストランの営業時間は朝食(7:00A.M.-10:00A.M.)、ランチ(11:00A.M.-3:00P.M.)、ディナ-(5:30P.M.-9:00P.M.)でお食事はもちろん、時間ごとの景色の変化もお楽しみいただけます。」 最後に訪れるのがラウンジ。ホテル内の施設は、軽井沢 浅間プリンスホテルの宿泊者と共有になりますが、ラウンジはプリンス バケーション クラブ会員さま専用で、10:00A.M.から7:00P.M.まで(変更予定、要確認)ソフトドリンクとコーヒーをセルフサービスで利用できます。

「このラウンジでは、ご質問をいただいたり、申込方法などを説明させていただいたりします。もちろんこの場でお申込みいただくこともできます。」

会員専用ラウンジ

通いたくなる魅力

基本的にはのんびり過ごす方が多いとのことですが、他の楽しみ方としてはどのようなものがあるのでしょうか。
「併設の軽井沢 浅間ゴルフコースはツーサム専用コースとユニークな特徴があります。また6コース108ホールのスケールを誇る軽井沢72ゴルフもすぐ近くにあり、プレーフィーも会員優待価格でお得になっているので、楽しまれる方が多いと思います。また、温泉棟にはトリートメントサロンができる予定ですので、そちらもおすすめです。そのほか、軽井沢プリンスホテルでのテニスや、冬には軽井沢プリンスホテルスキー場でスキーも楽しめます。ショッピングなら軽井沢・プリンスショッピングプラザや旧軽井沢も車でしたらすぐです」

ゴルフコースと浅間山

会員制のリゾートでは泊まりたい時に満室で部屋が取れないことが懸念としてあると思いますが、予約の取りやすさはどうなのでしょうか。 「1室あたりの口数を12口に抑えており、予約は取りやすくなっていると思います。また、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始といった特定期間はホーム会員のお客さまが最優先にご予約いただけるようにしています」

見学に来ていただくのにおすすめの時間帯などはありますか?
「個人的には朝の澄んだ空気を通してみる景色が好きなので、午前中をおすすめしたいです。ここの魅力は何よりも開放的な景色です。気温も爽やかな午前中に高台から浅間山を見ていただければ、良さを実感していただけると思います」 ここで現地見学会は終了となります。

どんなに調べても行く前の印象と実際にその場所で感じる印象は違うもの。購入を検討されている方はもちろん、プリンス バケーション クラブの雰囲気を感じてみたいという方も、ぜひ一度現地に足を運び、静けさや開放感を感じてみてください。

現地見学会のお申し込みは、以下「プリンス バケーション クラブ 品川ゲストサロン」までお問合せください。

< プリンス バケーション クラブ 品川ゲストサロン >

  • 0120-20-1551
  • お問合せ


» プリンス バケーション クラブ TOPへ

プリンス バケーション クラブ マガジン「プリンス バケーション クラブ」の仕組み・楽しみ方がもっとわかるウェブマガジン

  • Vol.10 2019.7.31

    特別な一日を演出する「プリンス バケーション クラブ 三養荘」の非日常を現地見学会で味わう

    改装を終え、7月17日に開業した「プリンス バケーション クラブ 三養荘」。今回は編集部員が現地に赴き、実際に施設を見学してきました。

    詳細を見る
  • Vol.09 2019.6.28

    現地見学会で感じた「プリンス バケーション クラブ ヴィラ軽井沢浅間」の心地よさ

    いよいよ7月8日にグランドオープンを迎える、「プリンス バケーション クラブ」。実際の施設を見ながら担当者に疑問点などを聞くことができる現地見学会を体験してきました。

    詳細を見る
  • Vol.08 2019.5.23

    3,000坪の広大な日本庭園
    何度も通いたくなる宿、三養荘

    広大な敷地に四季折々の自然が広がる庭園にどのような魅力があるのでしょうか。三養荘の営業担当者と庭園管理担当者に聞きました。

    詳細を見る
  • Vol.07 2019.4.11

    2019年7月8日開業!
    軽井沢の最新情報をいち早くお届けします!

    軽井沢浅間で現在建築中の建物の進行状況や現地ホテルスタッフの準備など、4名の担当者から聞いた生の声と現地の様子をお届けします。

    詳細を見る
  • Vol.06 2019.3.22

    新しくも懐かしい、3世代レストラン
    「ダイニング ブルーム」のご紹介

    どのようなこだわりでどのような料理を提供していくのか。ダイニング ブルームの樋口憲治料理長に聞きました。

    詳細を見る
  • Vol.05 2019.2.8

    歴史と格式ある純和風旅館
    「プリンス バケーション クラブ 三養荘」

    くつろげる癒しの宿として連泊やリピートされるお客さまが多い理由や客室の紹介など、三養荘の笹尾雅洋支配人に詳しく聞きました。

    詳細を見る
  • Vol.04 2019.1.17

    世田谷区在住・ヴィラ購入Aご夫妻の会員特典活用ダイアリー

    プリンス バケーション クラブ会員特典の「宿泊利用券」について、世田谷区在住のAご夫妻の利用シーンをご紹介いたします。

    詳細を見る
  • Vol.03 2018.11.29

    駅前ゲレンデでスノーリゾートを満喫

    今年45周年を迎える歴史あるスキー場で、とっておきのウィンターリゾートを過ごしてみませんか。

    詳細を見る
  • Vol.02 2018.11.9

    軽井沢と川奈で楽しむリゾートゴルフの魅力

    この秋のシーズンにおすすめの軽井沢と伊豆で楽しむリゾートゴルフの魅力とともにプリンス バケーション クラブについてご紹介いたします。

    詳細を見る
  • Vol.01 2018.10.5

    新たなリゾートスタイル
    「プリンス バケーション
    クラブ」

    「プリンス バケーション クラブ」の特徴やさまざまな特典についてご紹介します。

    詳細を見る
プリンスバケーションクラブに関するお問い合わせはこちら。

< プリンス バケーション クラブ 品川ゲストサロン >

  • 0120-20-1551
  • お問合せ