bg
お問い合わせはこちら

Vol.122019.10.10

プリンス バケーション クラブ 軽井沢浅間周辺の楽しみ方(紅葉編)

皆さま、こんにちは。プリンス バケーション クラブ マガジン編集部です。
賑やかだった夏も終わり、秋の気配を感じるようになりました。モミジやカラマツが鮮やかに色づき、美しい紅葉が楽しめる軽井沢の秋。 長い冬を前に、貴重な行楽シーズンの軽井沢を紅葉狩りや散策などアクティブに過ごしてみませんか。
今回は編集部のおすすめ紅葉スポットとともに、食欲の秋・芸術の秋などこのシーズンならではの魅力をご紹介します。

紅葉が美しい軽井沢の森

目次
1― ぜひ訪れたい紅葉スポット
2― 食欲の秋におすすめ 新そば&秋の味覚
3― 子どもから大人まで楽しめる 紅葉ハイキング
4― 芸術の秋 アートスポット巡り

ぜひ訪れたい紅葉スポット

雲場池(約7.5km)

外国人から「スワンレイク」と呼ばれた雲場池。湖の周りには数多くのモミジが植えられていて、鮮やかな枝葉が湖面に映えます。湖畔は遊歩道が整備され、歩いても20分ほどで一周することができます。気軽なお散歩にもぴったりなコースです。

※掲載の距離表示は「プリンス バケーション クラブ ヴィラ軽井沢浅間」「プリンス バケーション クラブ 軽井沢浅間」からの地図上の概算距離です。

雲場池 軽井沢町大字旧軽井沢 入場無料
アクセス:軽井沢町から町内循環バス(東・南廻り線)または草津路線バスで「六本辻・雲場池」下車

紅葉の雲場池

塩沢湖(約6.7km)

南軽井沢・塩沢エリアにある塩沢湖は、豊かな自然と文化施設やアクティビティーが融合した人気のスポットです。湖畔に佇む睡鳩荘(旧朝吹家別荘)は名建築家W.M.ヴォーリズの設計によるもので国の登録有形文化財に指定されています。赤や黄色の木立に囲まれた優雅な別荘風景は必見です。

軽井沢タリアセン塩沢湖 軽井沢町大字長倉217
TEL:0267-46-6161
入園料大人¥800 小中学生¥400(12月、1月は入園無料)
アクセス:軽井沢駅から町内循環バス(東・南廻り線)で「塩沢湖」下車

幻想的な塩沢湖

めがね橋(約17.4km)

古くから交通の要所として知られた碓氷峠。碓氷第三橋梁はアプト式鉄道を支えたレンガ造りのアーチ橋で「めがね橋」とも呼ばれ親しまれています。紅葉の山々をバックにめがね橋を撮影するのもおすすめです。

碓氷第三橋梁 安中市松井田町坂本地内 無料 終日開放

歴史を感じるめがね橋

食欲の秋におすすめ 新そば&秋の味覚

新そば祭り(約6.6km)

秋の信州で味わいたいのが新そばです。新そばには「夏新」と呼ばれる6〜8月に収穫されるものと、10~11月に採れる「秋新」の二種類がありますが、秋新の方が香り高く風味も豊かと言われ人気があります。この季節、発地市庭(ほっちいちば)では軽井沢産のそば粉を使用した「新そば祭り」と味覚鍋のふるまいやマルシェなどが開催され、軽井沢産の新鮮野菜などの販売もあり、大変賑わいます。

会場/軽井沢発地市庭(軽井沢町大字発地2564-1)
開催日時/2019年11月2日(土)~4日(振休) 9:00A.M.~5:00P.M.
TEL:0267-45-0037
アクセス:軽井沢駅から町内循環バス(東・南廻り線)で「軽井沢発地市庭」下車

新そば祭り

追分秋の味覚市(約12.2km)

軽井沢や近隣で採れた野菜、果物、加工品の販売などが行われます。

会場/追分公民館
開催日時/2019年10月13日(日)9:00A.M.~4:00P.M.
問合せ/軽井沢町観光経済課
TEL:0267-45-8579


紅葉を眺めながらのハイキング

離山(約8.5km)

1,256mの小高い離山は登山道が整備され、子どもから大人まで安全で気軽に登山を楽しめます。ハイキング気分で40分ほど登ると、山頂に到着。頂上の展望台からは軽井沢の街並みが一望できます。秋は紅葉だけでなく、ヤマボウシや山栗、ヤマナシなど自生する木の実を探すのも散策の楽しみです。

離山 軽井沢町大字長倉 
アクセス:軽井沢駅から町内循環バス(東・南廻り線)で「東部小学校」下車

色鮮やかに染まる離山

旧碓氷峠見晴台(約10.9km)

旧中山道の要所が置かれた碓氷峠。標高1,300mの頂上には長野県と群馬県の県境にある神社があり、全国的にも珍しいと言われています。旧軽井沢銀座からは1時間半ほどの散策で辿り着きます。頂上には中山道をはさんで南側に見晴台があり、浅間山や八ヶ岳を見渡すことができ、特に夕暮れ時はサンセットポイントと呼ばれ昔から外国人たちに親しまれてきました。

軽井沢町峠町
TEL:0267-45-8579
アクセス:観光会館前、二手橋から碓氷峠見晴台直通バスで「見晴台」下車

碓氷峠頂上にある見晴台

芸術の秋アートスポット巡り

軽井沢には数々の美術館・博物館があり、個性豊かな作品や文化に触れることができます。プリンス バケーション クラブに近い南軽井沢エリアを中心に、芸術の秋にぴったりの施設をご紹介します。

南ヶ丘美術館(約5.9km)

別荘地に広がる庭園と歴史的名建築を見学することができます。1935年に移築された三五荘は築200年の趣ある建物。館内には貴重な軽井沢彫や書画が展示されています。併設の茶房でゆったりティータイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

南ヶ丘美術館三五荘 軽井沢町軽井沢1052-73
TEL:0267-42-4884
10:00A.M.~5:00P.M
入館料 大人¥700、小人¥500(夏期は料金変更有)
アクセス:軽井沢駅から町内循環バス(東・南廻り線)で「南軽井沢」下車

築200年を誇る三五荘

三五荘内の茶房

ペイネ美術館(約6.9km)

塩沢湖畔の軽井沢タリアセン園内にあるペイネ美術館はフランス人画家レイモン・ペイネの作品を公開しています。建物は聖パウロ教会を設計した建築家アントニン・レイモンドの別荘を移築したもので一見の価値があります。

ペイネ美術館 軽井沢町大字長倉217 軽井沢タリアセン内
TEL:0267-46-6161
ミュージアムセット券(タリアセン入園料+3館入館券)大人¥1500 小人¥800
アクセス:軽井沢駅から町内循環バス(東・南廻り線)で「塩沢湖」下車

湖畔に佇むペイネ美術館

美術館など多数の施設がある塩沢湖

深沢紅子野の花美術館(約6.9km)

かつて旧軽井沢銀座通りにあった郵便局舎を移築して美術館として再利用しています。美術館のスペースには優しい山野草の絵を描いた画家・深沢紅子の作品が展示されています。併設のレストランは季節の旬食材を使ったパスタが人気で、レトロな雰囲気の中でランチが味わえます。

明治四十四年館 深沢紅子野の花美術館 軽井沢町大字長倉217 軽井沢タリアセン内
TEL:0267-46-6161
ミュージアムセット券(タリアセン入園料+3館入館券)大人¥1500 小人¥800
アクセス:軽井沢駅から町内循環バス(東・南廻り線)で「塩沢湖」下車

旧郵便局舎を利用した野の花美術館

陽光が射し込むレストランスペース

軽井沢千住博美術館(約7km)

世界的に活躍する日本画家・千住博さんの作品を展示しています。また建築界のノーベル賞「プリツカー賞」受賞の西沢立衛さんによる建物や、150種類以上の樹々や草花が彩るカラーリーフガーデンも見ものです。軽井沢の老舗パン屋「浅野屋」のショップ・カフェを併設していて、千住博美術館店限定のデリプレートも人気です。

軽井沢町長倉815
TEL:0267-46-6565
入館料 一般¥1200 学生¥800、中学生以下無料
アクセス:軽井沢駅から町内循環バス(東・南廻り線)「塩沢交差点」下車徒歩8分

撮影:阿野太一 ©軽井沢千住博美術館

ル ヴァン美術館(約7.4km)

大正のモダニスト・西村伊作に関する展示を行っている美術館。白亜のお洒落な建物は、西村伊作が創立した文化学院の建造物を、伊作の孫で建築家・坂倉竹之助さんにより再現しています。ヨーロッパの田舎を思わせる庭やカフェテラスでのんびり過ごすのもおすすめです。

ル ヴァン美術館 軽井沢町長倉957-10
TEL:0267-46-1911
入場料¥800 大学・高校生¥600 中学・小学生¥400
アクセス:軽井沢駅から町内循環バス(東・南廻り線)で「杉瓜入口」下車

庭も見応えのあるル ヴァン美術館

赤や黄色に染まる紅葉、黄金色のカラマツ、苔庭に顔を出すキノコ…豊かな自然と文化や芸術、そして様々なアクティビティーが楽しめる軽井沢の秋。
紅葉狩りや芸術、読書、グルメなど、このシーズンならではの魅力や、おすすめスポットをご紹介しました。
美しい季節の移ろいを感じながら、皆さま、素敵な休日をお過ごしください。

【トピックス】

11月2日(土) 軽井沢プリンスホテルスキー場オープン予定


< プリンス バケーション クラブ 品川ゲストサロン >

  • 0120-20-1551
  • お問合せ


» プリンス バケーション クラブ TOPへ

プリンス バケーション クラブ マガジン「プリンス バケーション クラブ」の仕組み・楽しみ方がもっとわかるウェブマガジン

  • Vol.13 2020.1.30

    軽井沢で快適にスノーリゾートライフを楽しむ

    プリンス バケーション クラブ会員さまのスノーリゾートライフをさらに快適にグレードアップする、各種割引や特典をレポートします。

    詳細を見る
  • 【号外】 2019.10.24

    10月からプリンス バケーション クラブ 宿泊時の朝食が無料に!

    今回はうれしい特典のお知らせです。2019年10月1日から、プリンス バケーション クラブ宿泊時の朝食が無料になりました!

    詳細を見る
  • Vol.12 2019.10.10

    プリンス バケーション クラブ 軽井沢浅間周辺の楽しみ方(紅葉編)

    今回は編集部のおすすめ紅葉スポットとともに、食欲の秋・芸術の秋などこのシーズンならではの魅力をご紹介します。

    詳細を見る
  • Vol.11 2019.9.12

    さわやかな高原の空気の中、最高の一日のはじまりを 「ダイニング ブルーム」の朝食ブッフェをレポート

    今年4月にリニューアルオープンした「ダイニング ブルーム(Dining Bloom)」。今回は朝食ブッフェを体験しました。

    詳細を見る
  • Vol.10 2019.7.31

    特別な一日を演出する「プリンス バケーション クラブ 三養荘」の非日常を現地見学会で味わう

    改装を終え、7月17日に開業した「プリンス バケーション クラブ 三養荘」。今回は編集部員が現地に赴き、実際に施設を見学してきました。

    詳細を見る
  • Vol.09 2019.6.28

    現地見学会で感じた「プリンス バケーション クラブ ヴィラ軽井沢浅間」の心地よさ

    いよいよ7月8日にグランドオープンを迎える、「プリンス バケーション クラブ」。実際の施設を見ながら担当者に疑問点などを聞くことができる現地見学会を体験してきました。

    詳細を見る
  • Vol.08 2019.5.23

    3,000坪の広大な日本庭園
    何度も通いたくなる宿、三養荘

    広大な敷地に四季折々の自然が広がる庭園にどのような魅力があるのでしょうか。三養荘の営業担当者と庭園管理担当者に聞きました。

    詳細を見る
  • Vol.07 2019.4.11

    2019年7月8日開業!
    軽井沢の最新情報をいち早くお届けします!

    軽井沢浅間で現在建築中の建物の進行状況や現地ホテルスタッフの準備など、4名の担当者から聞いた生の声と現地の様子をお届けします。

    詳細を見る
  • Vol.06 2019.3.22

    新しくも懐かしい、3世代レストラン
    「ダイニング ブルーム」のご紹介

    どのようなこだわりでどのような料理を提供していくのか。ダイニング ブルームの樋口憲治料理長に聞きました。

    詳細を見る
  • Vol.05 2019.2.8

    歴史と格式ある純和風旅館
    「プリンス バケーション クラブ 三養荘」

    くつろげる癒しの宿として連泊やリピートされるお客さまが多い理由や客室の紹介など、三養荘の笹尾雅洋支配人に詳しく聞きました。

    詳細を見る
  • Vol.04 2019.1.17

    世田谷区在住・ヴィラ購入Aご夫妻の会員特典活用ダイアリー

    プリンス バケーション クラブ会員特典の「宿泊利用券」について、世田谷区在住のAご夫妻の利用シーンをご紹介いたします。

    詳細を見る
  • Vol.03 2018.11.29

    駅前ゲレンデでスノーリゾートを満喫

    今年45周年を迎える歴史あるスキー場で、とっておきのウィンターリゾートを過ごしてみませんか。

    詳細を見る
  • Vol.02 2018.11.9

    軽井沢と川奈で楽しむリゾートゴルフの魅力

    この秋のシーズンにおすすめの軽井沢と伊豆で楽しむリゾートゴルフの魅力とともにプリンス バケーション クラブについてご紹介いたします。

    詳細を見る
  • Vol.01 2018.10.5

    新たなリゾートスタイル
    「プリンス バケーション
    クラブ」

    「プリンス バケーション クラブ」の特徴やさまざまな特典についてご紹介します。

    詳細を見る
プリンスバケーションクラブに関するお問い合わせはこちら。

< プリンス バケーション クラブ 品川ゲストサロン >

  • 0120-20-1551
  • お問合せ